« 平成24年度インフルエンザワクチン接種について | トップページ | つくばピンクリボンフェスティバル2012 »

2012年9月29日 (土)

子供の足は夏に成長するようです

 秋の運動会シーズンですが、親御さんの中には、運動会直前になって、お子さんから靴が小さくなった、と言われた経験をお持ちの方がおられることでしょう。

 以前から、子供の足のサイズは夏に大きくなりやすい、と言われていましたが、先日の学会で、とある幼稚園で働く方の発表によると、数年間の統計でもやはり、他の季節より夏の時期が、足のサイズが大きくなる方とその割合が大きいそうです。

 医学的な理由は不明ですが、暑いために素足でサンダルなど、足を外から抑制されにくい、夏休みにて登校しないために靴を履く機会が減る、などの理由が推測されます。
 個人的には、靴下をはかないために足趾の動きが制約されにくいことが一因ではないかと思っています。

 運動会は、外ではく靴(スニーカーなど走ることを目的としたもの)を買い替えることが多い機会です。
 春に買った靴では、足が大きくなって間に合わなくなっているかもしれません。親御さんには、上記の点について十分に留意していただくようお願いします。
 

« 平成24年度インフルエンザワクチン接種について | トップページ | つくばピンクリボンフェスティバル2012 »

心と体」カテゴリの記事