« 2017年7月の臨時休診 | トップページ

2017年6月18日 (日)

薬の副作用:眠気に注意(再掲)

先日有名タレントさんが、入浴後に抗アレルギー薬や入眠剤を服用して自動車を運転した、という報道がありました。皆様十分にご注意ください。
過去の当ブログを再掲します。
(以下は2012/5/11の記事を一部改変したものです)

居眠り運転による交通事故は昔から後を絶ちませんが、薬剤の副作用による眠気には、医療機関での処方でも市販薬であっても、十分な注意が必要です。

抗アレルギー薬や不眠症などに用いられる睡眠薬は言わずもがなですが、整形外科でよく処方されるものでは、筋肉の緊張を緩和する内服薬や、しびれなど神経由来の症状や従来の鎮痛薬では改善されない痛みに処方される内服薬によって、眠気が生じる場合が多いです。

前者は肩こりや腰痛による筋肉の緊張緩和でよく処方されますが、同一の薬剤が不眠症の治療に用いられる場合もあるくらいで、日中も起きられないくらいの場合があります。
後者は最近広く処方されるようになった薬剤で、夕食後のみ内服しても起床後に眠気が消えないケースをよく認めます。


個人差はかなりありますが、これらの薬剤を使用した場合は、自動車の運転を控えるなど、十分な注意が必要です。
またこれら以外の薬剤でも、「眠くなりにくい」ことを謳っているアレルギー性鼻炎の内服薬であっても、絶対に眠気が生じない、ということは皆無です。
体調を崩して薬剤を使う場合は、眠るなど「体を休める」ことが求められてる、という認識を持ちましょう。

« 2017年7月の臨時休診 | トップページ

心と体」カテゴリの記事