« 平成29年度インフルエンザワクチン接種について | トップページ | 本日10/23(月)午前は休診します »

2017年10月11日 (水)

足の水虫について:気になったら相談を

当院では足部の障害の治療の一環として、軽〜中症の水虫(爪白癬および足白癬)を治療しています。
爪白癬の外用薬治療については以前当ブログでお知らせし(こちらを参照) 、治療継続中の方が何人もおられますが、足趾の間が痒くて皮膚が剥けているなどの症状がある方もご相談いただければ、水虫(白癬菌の有無)を検査し、治療をお勧めしています。

秋になって靴下を履く時間が長くなり、素足の状態を確認しにくい時期が続きます。
一度白癬菌に感染した足は自然治癒が困難であり、長期間感染が持続したままでは、加齢や病気により体の免疫力が落ちてくると状態が悪くなり、生命に影響することもありうるような様々な障害を引き起こします。
たとえ外見以外の症状がない場合でも、お気軽にご相談ください。

白癬菌は湿潤状態を好みます。
靴や靴下は清潔なものを使い、履いた後の靴は内部が乾くようにケアを、また足自体は入浴時に洗って汗などを流し、乾燥させておきましょう。
足の変形や筋力低下で足趾運動が困難であることは、白癬菌感染の危険因子です。

また足についた白癬菌による感染が成立するには丸一日かかると言われています。
銭湯などで不特定多数が利用する足ふきマットを利用した際には、帰宅後その日のうちに足部を洗い、乾いた状態にしておくことをお勧めします。

« 平成29年度インフルエンザワクチン接種について | トップページ | 本日10/23(月)午前は休診します »

心と体」カテゴリの記事