« 2018年8月の臨時休診 | トップページ | リハビリ室の治療機器を一部新調しました »

2018年7月 8日 (日)

災害による避難時の準備:処方薬を持参しましょう

全国各地で豪雨による被害が相次ぎ、避難所での生活を強いられる方が多数出ていることと思います。お見舞い申し上げます。

災害などで自宅での生活が送れず、避難所などで過ごす場合には、身の回りの品を最低限持ち出すことになると思いますが、常用している薬(頓用の鎮痛薬なども含めて)がある場合には持参は必須です。
災害の規模によりますが、最低でも一週間分以上は必要になると思われます。
普段から非常時を想定して、医療機関受診は手元の処方薬が完全になくなる前のタイミングにするのもいいでしょう。
かかりつけの医療機関に受診することが望めず、他所からの応援で駆けつけた医療チームに当分お世話になる可能性もありますので、お薬手帳も必ず持参してください(こちらもご参照を)。

なお避難所での生活は平穏時と異なり、歩行など運動量が低下し、プライベートな空間が減るために心理的負担が増すことが予想されます。
また止むを得ないことですが、食糧事情も非常食をはじめ、おにぎりやパン、菓子などの栄養バランスが偏ったものになってしまいます。
高血圧や不整脈、糖尿病など生活指導が必須な疾患を抱える方は、普段から病状のコントロールに努めることで、非常時の病状増悪リスクを減らしましょう。

« 2018年8月の臨時休診 | トップページ | リハビリ室の治療機器を一部新調しました »

心と体」カテゴリの記事